ホーム > よくある疑問 Q&A >

朝飲む水は温かい方がいいか、冷たい方がいか

朝起きぬけにコップ一杯の水を飲むと、腸の働きを活発にすることができます。空っぽになった胃の中に水が入ってくることで、それが刺激になり腸も動き出すのです。

これを胃・結腸反射といいます

よくある質問が、朝一に飲む水は温かい方がいいのか、冷たい水がいいのか・・・ということです。

確かに、温かいものを飲むようにした方がいいという専門家もいますね。逆に、冷たい水の方が胃を刺激することができるのでいい・・・という方もいます。

基本的な考え方としては、ストレスが原因の痙攣性便秘の方はお湯、それ以外の方は冷たい水でいいと思います

ただ、どちらも腸を動かす効果がありますので、是非実行してみてほしいですね。

水を飲むだけでは便秘が治らない?

水分不足が便秘の原因であることは以前の記事で書きました。

ところが、水をとにかく飲んでも便秘が治らない場合もあるのです。それはどういうことかというと、腸の働きに関係しています。

大腸は水分を再吸収できる仕組みになっています。

ちょっと水を飲んだ位では大腸は水を吸収してしまって便はやわらかくなりません。ですから、飲む量も考えないといけませんね。

目安としては1日1リットルから2リットル。量はその人によって違ってくると思いますから、まずは1リットルから始めてみてもいいかも知れません。

さて、次に問題なのが、水だけだと便のかさが増えない・・・という問題です。いくら水だけを飲んでも、便のもととなるものがなければ便はスムーズに腸を移動することができませんから、結局排出されるまでに時間がかかってしまい、便はかたくなってしまうのです。

ですから、しっかりとした食事をとることも便秘を改善するには必要です。食事をしっかりととった上で水分を摂取するから効果があるのです。

朝いくら水を飲みまくったとしても、朝食を抜いたので意味がありません

それから、食物繊維もしっかりとるようにすると、飲んだ水を食物繊維が吸収して便のかさを増してくれますから便秘には効果的です。