ホーム > 便秘に効く食べ物 >

ヨーグルトは便秘に効くの?

腸内には100兆個以上の細菌がすんでいるといわれていますが、それらの細菌の中には悪者と腸を助けてくれる正義の味方がいます。

その正義の味方は善玉菌と呼ばれていますが、乳酸菌を含んだヨーグルトは善玉菌を増やすためには絶好の食品です。

乳酸菌には発がん性物質を分解する働きのほかにも、腸のぜん動運動を高めて便をどんどん出してくれる整腸作用があるのです

牛乳にも便秘を改善してくれる働きがあります。しかし、中には牛乳を飲めない・・・という人もいます。原因は乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)です。こういった人が牛乳を飲むと下痢をしたりします。

しかし、牛乳を原料としているヨーグルトは乳酸菌を入れることで乳糖の一部が分解されますから、食べやすくなっているのです。

ヨーグルトを食べるようになってからは便秘をしなくなったという方も沢山います。毎日朝にヨーグルトを食べる習慣を続けてみるのもいいですね。

ヨーグルトの種類によって効き目が違う?

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、この乳酸菌というのは総称です。乳酸菌という細菌がいるわけではなくて、様々なタイプのものをまとめて呼ぶ際に使います。

乳酸菌にも色々な種類があるのですが、それぞれ働きが微妙に違います。ですから、ヨーグルトの種類によって便秘に効くという人とそうでないと言う人がいるわけです。大事なのは自分にあったものを見つけることですね。

下記は種類別の働きの違いです:

1.ビフィズス菌

これが一番有名でしょう。善玉菌の代表格です。悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。母乳で育った赤ちゃんの腸内から発見されたと言われています。腸内を酸性にすることで病原菌を抑えたりします。

2.ラブレ菌

植物性の乳酸菌の1つです。悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。他にも便通を整える働きなども。生きたまま腸まで辿り着きやすいといわれています。

3.LG21

明治乳業と東海大学医学部の研究チームによってその効果があきらかになっています。ピロリ菌の活動を抑制する効果のあることが知られています。

4.EF乳酸菌

白血球を強くするという調査結果があるタイプです。

5.ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株

ヤクルト菌などとも呼ばれています。乳酸菌飲料「ヤクルト」などに入っている乳酸菌です。耐酸性のために胃液などの影響をほとんど受けることなく腸まで到達して腸の働きを助けてくれます。

6.KW乳酸菌

アレルギー疾患などにも効果があると言われています。

7.L29

酸に強く、生きたまま腸まで到達しやすく、腸での定着力も強いと言われています。