ホーム > 便秘に効く食べ物 >

便秘の人は温野菜を食べるようにするといい

便秘になるとまずは野菜を食べよう!と考えると思います。
確かにそれはそうなのです。

ただ、サラダを食べようと思ってもたいした量の野菜、そして食物繊維が摂取できません。生野菜では量も繊維の量も不足してしまうのです。

ですから、生野菜で十分な量を食べようと思うと、とても無理です。

そこで、おすすめなのは温野菜です。生野菜だと量がかなりありますが、ゆでることでかさが減って沢山食べれるようになるのです。

例えば、ほうれん草の1把を一人で食べようと思うと、とても無理です。でもゆでてしまうとどうでしょう?ゆでたものをしぼって、鰹節をふって醤油をかけて食べると案外沢山食べれます。

他の野菜にしても同じように温野菜として食べてあげると食物繊維がたっぷり食べられますからおすすめです。

朝から温野菜を用意する時間がない・・・という方は前日の夜に用意しておくといいと思います。朝から野菜をたっぷりとるのは便秘にもとても効果があると思います。是非実践してみてくださいね。

サラダで十分な食物繊維を摂取しようとすると・・・

今からは考えられませんが、学生のころの私はそれはひどい便秘でした。何日も出ないのは当たり前。出ても、かたくて全部出すのにとても苦労しました。お陰で痔にも悩まされていたのです。

そして、便秘が続くと、いよいよ何とかしようと思うのです。そこでやったのが生野菜を食べること。そう、サラダを食べておけば大丈夫だろうと思っていたのです。

しかし、それでもなかなか治ることはありませんでした。

何故でしょう?それは生野菜には食物繊維はそれほど含まれていないんです。サラダだけで1日に必要な食物繊維を摂取しようと思ったら、大変です。例えば、トマトだけを食べようと思うと1日に10個も食べなくてはいけません。

それでは無理ですよね。

ならどうしたらいいかと言うと、冒頭でご紹介したように野菜は温野菜にすることです。温野菜にすると沢山の量を食べられますから、効率がよくなります。

それから、野菜以外からも食物繊維を摂取することです。具体的には、穀類、いも類、きのこ類、海藻類、豆類などを食事に取り入れてゆくことです。

サラダだけ・・・では便秘は治りません。

もし、サラダにするのであれば、おすすめは海藻サラダです。海藻であれば、豊富な食物繊維が含まれていますから、サラダでもそこそこの量を摂取できますのでおすすめです。