ホーム > 便秘に効く食べ物 >

植物性乳酸菌を摂取する

乳酸菌が生きたまま腸まで到達すると、腸内の善玉菌を増やす効果があります。善玉菌が増えると腸の働きが活発になりますから、便通も良くなる・・・というわけです。

乳酸菌といっても色々なタイプがありますが、中でも植物性乳酸菌は酸やアルカリなどにも強く生きたまま腸まで届くことが知られています

植物性乳酸菌は野菜を使った食料に含まれますから、食物繊維も摂取できるという利点もあります。

ではどんな食材に含まれているのでしょうか?

代表的な食材としては、しば漬け、野沢菜漬け、ぬか漬けなどがあります。こういった食品を食べるようにすると腸の善玉菌も増やすことができますから、意識してみるといいでしょう。

キムチの乳酸菌が効く

キムチは食物繊維も豊富な食品で、植物性乳酸菌を含んでいます。食物繊維によって腸を刺激することができ、便の量も増えますから、便秘の方は積極的に摂取してゆきたいですね。

他に注目する点はやはりキムチが発酵食品であるという点でしょうね。

乳酸菌による乳酸発酵によってできるこの食べ物は、その乳酸菌の量がうまさを左右すると言われています。

この乳酸菌はヨーグルトなどに含まれるタイプとは違い、野菜由来のものになりますが、腸内では善玉菌として便通を整えてくれる働きをしてくれます。

味噌が腸の働きを助けてくれる

日本食に欠かせないのが味噌汁。

ただ、今は味噌汁を飲まない人も多くいるようです。そんな味噌は便秘解消にも効果があるといわれています。

それにはメラノイジンという成分が関係しています。

メラノイジンは熟成期間中に生成される成分で、コーヒーや焼き魚の表面、パンの耳などに含まれています。熟成が進んだ味噌もこのメラノイジンを多く含んでいることで旨みも増すそうです。

さて、この成分、何故便秘にいいかというと、腸内の乳酸菌を増やす効果があるといわれているからなんです。その働きは食物繊維にも似ていて、腸内に便が留まっている時間を短縮してくれる働きもあると言われています。