ホーム > 便秘に効く食べ物 >

オリーブオイルで便秘解消

イタリアなどでは子供の便秘予防に毎日スプーン1杯のオリーブオイルを摂取させるそうです。

オリーブオイルが効く理由は中に含まれている脂肪酸のオレイン酸と呼ばれる成分です。オレイン酸を含んだオリーブオイルは小腸では吸収されずに小腸を刺激してくれる働きがあるようです。

それに加えて、腸内に入ると便のすべりをよくする効果もあるようです。

実際にオリーブオイルを朝食時に毎朝大さじ2杯を摂取してもらうという実験もされています。2週間後の結果ですが、64人の被験者のうち、なんと63人に便秘改善効果が認められた・・・ということでした。

また、中にはかたい便が普通のかたさになった・・・という報告もあったようです。

便秘の方は毎朝、オリーブオイルを大さじ1程度飲むようにすると効果があると思われます。飲むのは抵抗がある・・・という方は朝のサラダに混ぜたりすると簡単に摂取できると思いますので、是非実践してみてください。

油や脂肪は腸のスベリを良くする

油というと、カロリーやコレステロールが高くてダイエットなどには敬遠されがちですが、便秘には効果的だったりします。

勿論、摂取しすぎは禁物ですが、適量であれば腸内で便のすべりをよくしてくれるといった効果が期待できます。

油などの脂肪は腸内で便のすべりをよくする効果のほかにも、大切な働きをしてくれますが、何だと思いますか?

それは脂肪に含まれている脂肪酸が腸を刺激してくれる・・・という働きです。刺激された腸は活発になりますから、ぜん動運動(腸の運動)にも良いというわけです。

日頃から揚げ物などを食べ過ぎているような方でなければ、食事に適度な油も加えてみるといいのではないかと思います。ただ、勿論ですが、油が多い食事はカロリーが高く、食べ過ぎると逆に便秘を招いてしまうこともありますから、適度に・・・ということが大切になってきます。

やはり何事もやりすぎや食べすぎは良くない・・・ということですね。