ホーム > 便秘に効く食べ物 >

豆類は便秘にいい

ここまで食物繊維を豊富に含む食品を紹介してきました。
今回は豆類について書いてみたいと思います。

豆類はいも類、海藻類、穀類などと同じく食物繊維がとても豊富なんです。

豆類は良質なたんぱく質を含んでいて、繊維も豊富です。さらに、腸の働きを助けてくれるオリゴ糖も含まれていますから便秘には最適というわけです。

食物繊維とは、消化吸収されない成分のことですが、この繊維が不足してしまうと便のかさが増えず、腸が十分に働かなくなります。すると便が腸を通過する時間も遅くなり、便がかたくなってしまうのです。

豆類で手軽に食べられるのは、

1.納豆
2.枝豆
3.あずき

などでしょうか。他にも日本食では沢山の豆類を使いますから、
色々工夫してみるといいと思います。

ちなみに食物繊維の含有量は100グラム中に

・納豆 6.7g
・枝豆 4.6g
・あずき 11.8g

となっています。

大豆と納豆の整腸作用とは?

豆類に関しては以前にも書いた通り、食物繊維も豊富で便秘にもとても効果的な食べ物です。

中でもおすすめなのが大豆です。

大豆には食物繊維が豊富に含まれていて、100グラム中にはなんと17.1グラムもあります。それだけではありません。

大豆が便秘に良いのは大豆に含まれている大豆オリゴ糖があるからです。
このオリゴ糖は腸内で善玉菌のえさとなることで腸内環境を改善してくれます。

腸内で善玉菌の数が減少してくると腸の働きも鈍くなってきますが、善玉菌が増えることで腸の働きも活発になります。

大豆にはさらに大豆サポニンが含まれていますが、この成分には整腸作用があると言われていますから、便秘には効果的なのです。

また、大豆を発酵させた納豆も手軽に食べられておすすめですね。
納豆には100グラム中に6.7グラムの食物繊維が含まれています。

毎朝食べる習慣をつけると食物繊維不足を補うことができるようになると思います。

あずきのサポニンが快便に導く

お汁粉や和菓子などにもよく利用されるあずきには快便を
促してくれる働きがあるといわれています。

まずあずきに含まれる食物繊維ですが、水溶性食物繊維が100グラム中に1.2グラム、不溶性食物繊維が16.6グラムも含まれています。食物繊維が不足しがちな人にとってはかなり嬉しい食品なのです。

さらに、あずきの外皮に多く含まれているサポニンという成分には便通を良くしてくれる働きがあると言われています。他にもビタミンB1など便秘には効果的な成分も含んでいます。