ホーム > 便秘に効く体操&マッサージ >

自律訓練法で便秘を治す

腸の働きをコントロールしている自律神経が乱れていると、便秘になりやすくなります。特に緊張することが多い、イライラする、不安だ・・・といったストレスを日頃から感じている人は注意が必要です。

ストレスを感じて体が緊張している状態が続くと自律神経が乱れてしまうからです。
そこで、その乱れを回復させる方法がありますのでそれを紹介しておきます。

これは自律訓練法と呼ばれるもので、ドイツの精神科医によって開発されたものです。1932年に開発されたにも関わらず未だに多くのシーンで活用されているとても効果があるものですから、実践してみましょう。

1.横になるか、椅子に腰掛けてリラックスする
2.気持ちが落ち着いているととなえる

3.気持ちが落ち着いてきたら次へ進む

4.右手が重たい・・・・と唱える

5.次に左手が重たい・・・と唱える

6.同じ要領で右足が重たい、左足が重たいと唱えます

7.今度は重さではなくて、温かさに注目します

8.右手が温かいと・・・と唱える

9.同じように、左手、右足、左足の順で進んでゆきます

10.心臓が規則正しく動いている・・・と唱えます

11.次に楽に呼吸をしている・・・と唱えます

12.今度はお腹が温かい・・・と唱えます

13.次は額です。額が心地よく涼しい・・・と唱えます

14.最後は手を伸ばして伸びをします。これを消去動作といいます

これをやってみるとわかりますが、どんどんとリラックスできるようになります。
この自律訓練法を毎日2回から3回行うことで自律神経の乱れを調整してゆきましょう。

上手にリラックスできるようになると腸も活発に動いてくれるようになります。
やるタイミングはいつでもいいですが、朝に1回やるといいかも知れませんね。