ホーム > 便秘に効く体操&マッサージ >

腸を刺激する便秘体操

今回は腸を直接刺激するためにできる簡単な体操について紹介したいと思います。

基本的には、朝ベッドから出る前に行うといいと思います。
この体操が終わったらすぐにコップ一杯の水を飲むとさらに効果的です

やり方はいくつかありますが、どれも腹筋を使ってゆきます。
腹筋を使うと、腸が刺激されて大腸が動き出す効果があるからです。

 

1.お腹をひっこませる

仰向けに寝たままで両手をお腹の上におきます。次にゆっくりお腹をへこませましょう。今度はゆっくりと戻します。これを10回から20回程度続けます。

2.両足を上げる

仰向けに寝たまま、両足を上に持ち上げます。膝は曲げないようにして両足を高くあげましょう。90度程度まで持ってゆくようにします。

これを5回から10回程度続けます。

腹筋を鍛えることは便秘にも効果的であると言われていますから、是非継続してやってみてください。

朝、寝床で体操をしてみよう

便秘体操などは沢山ありますが、どれもある程度は効果があると思います。やり方も勿論大切なのですが、大切なことはやるタイミングなのかなとも思います。

体操を行うタイミングで効果的なのは朝の寝床です。ベッドから起き上がる前にベッドの中で軽い体操を行うととても効果があるといわれています

朝起きたら、すぐにベッドから起き上がらないで、少し体を動かしてみるといいと思います。

さて、体の動かし方ですが、基本的に何でも構いません。例えば、

1.背伸び
2.うつ伏せになってバタ足
3.仰向けで片方の足を交互に抱える、お腹に引き寄せるように

という簡単な体操で構いませんので、ベッドの中でやってみてください。
時間にして数分で構わないと思います。

起き上がる前に体を動かすと、体がしっかりと目覚めます。
胃や腸を動かす準備を早々に始めてしまうわけですね。

さらに、寝ていて、起き上がる時に腸は動き出す・・・という特性を持っていますから、起きる前に軽い便秘体操をして、ベッドから起き上がるとさらに効果的・・・というわけです。