ホーム > 便秘に効く体操&マッサージ >

便意を引き出すお尻の便秘体操

便秘体操については今までにいくつかご紹介してきました。どれも基本的には朝に行うタイプでしたね。今回のものも朝に行うと効果的だと思いますが、通勤中の電車の中でも簡単にできますから、是非実践してみてください。

お尻の・・・と書きましたが、体操といってもお尻だけしか使いません。

具体的にはお尻の穴をキュッとしめるお尻体操です。

やり方はそのままなのですが、お尻の穴をキュッと引き締めます。
これを10回から20回ほど毎朝実践してみるといいでしょう。

これをやるだけで何だかもよおしてくる・・・という人も結構います。

また、朝だけでなくて、通勤中の電車の中でもこの体操は誰にも気づかれずにできますから、おすすめです。

さらに歩いている最中、ウォーキングしながら・・・などにもできると思いますので実践してみるといいかも知れません。

でもまぁ、一番いいのは朝か、または夜でしょうか?
夜寝る前にお尻の便秘体操をやってから寝るのを習慣にしてもいいかも知れませんね。

痔にも効果あり

このお尻の穴をキュッとしめる運動は肛門周辺の血行もよくしてくれます。そのため、痔をわずらっている方にも効果があると言われています。

ただし、あな痔には効果がありませんので、注意して下さい。切れ痔の場合も治りきっていない状態で肛門を閉めたりすると逆に傷の治りを悪くするかも知れません。その場合は治ってからやるといいでしょう。

お尻叩きの体操

腸を刺激してくれる体操、まぁ体操というよりも運動というべきでしょうか・・・がありますのでこれも紹介しておきます。

やり方は簡単です:

1.うつ伏せになって寝ます
2.次に片足を曲げてかかとでお尻を叩きます
3.今度は逆の足で同じ動作をします

お尻までかかとが届かなくても結構です。この動作を左右とも20回ほど繰り返してみてください。やる時間帯は朝が一番効果的だと思いますね。

朝歯磨きをしながら腰をひねる

腰をひねる運動をすることで腸が刺激されて便意を引き起こす効果があります。腰をひねる運動は何でもいいです、簡単なところでは、両手を腰に当てて左右に上半身を回転させてみましょう

また、おすすめは朝歯磨きをしながら、上記のようにして腰をひねる運動をすることです。朝の時間帯というのは一番便意を感じやすい時間帯ですから、その時に腸の動きを少し手助けしてあげると効果があると思います。

ちなみに、腰はひねってもいいですし、円を描くように回しても良いと思いますね。