ホーム > 便秘に効く飲み物 >

ミネラルウォーターは便秘にも効く

水分不足で便秘になる人はいます。普段は問題がなくても、夏の暑い日や寒くなってきた時など、天候の変化で便通が悪くなる方が沢山います。

急に暑くなると汗として水分が排出されてしまいますし、寒い日などは冷たい水などは避けるようになりますから、これも同じように水分不足になってしまうのです。

ですから、季節の変わり目などは注意して水を飲むようにするようにするといいと思います。

それから、飲む水ですが、一般的には普通の水でもいいと思います。ただ、便をよりやわらかくしたいとか、便通と整えたいという目的であれば、マグネシウムなどのミネラルを多く含んだミネラルウォーターがおすすめです

コントレックスなどはマグネシウムを多く含んでいますから、試してみるといいと思います。飲む量は便通が悪い人なら1日に2リットルは飲みたいですね。

水分を補給する時のポイント

便をやわらかくするためには、水分を十分にとらなければなりません。飲む量は便秘の方であれば1日に2リットルは飲みたいところです。

また、飲むときにはいくつか注意点があります。

2リットルも飲もうとすると、一気に多くの水を飲みたくなると思いますが、一気に飲んでしまうと尿として排出されることが多くなるようです。

そうなってしまっては大腸まで届かないわけですから、効果がなくなります。そうならないために必要なのは、少しづつ水分を補給してゆく・・・ということです。

最初は面倒でしょうが、習慣にしてゆくことで便秘も改善してゆくと思いますので是非実践してみてください。

炭酸飲料が効くって本当?

炭酸飲料を飲むと便秘にいい・・・という人がいますが、これは本当でしょうか?

実はビールなども同じなのですが、炭酸には腸を刺激する働きがあると言われています。腸の働きが鈍くなって便秘になっているような場合には炭酸を飲むことで腸の運動が活性化されることもあります。

ただし、痙攣性便秘のようにストレスが原因の場合の便秘は腸を刺激してしまうと逆効果のこともあるようですから注意する必要があります。

直腸性便秘や弛緩性便秘などには効果があるかも知れませんね。ただし、中には炭酸を飲むと余計ガスがたまってよくないという人もいます。

勿論、中には炭酸が効くという人もいますが、炭酸には当分が多く含まれていて飲みすぎてしまうと肥満の原因になりますのでその点は注意する方がよいでしょう。

炭酸飲料は他にも水分補給になりますから、便秘にも良いとは思います。ただ、多くのタイプはカフェインを含んでいます。

カフェインは水分を尿として排出してしまう効果がありますから、飲むのであればノンカフェインのものを選ぶといいかなと思います。

いずれにしても飲みすぎには注意して適度に・・・ということですね。