ホーム > 便秘解消方法 >

不溶性食物繊維が便秘に効果的なケース

食物繊維といっても2つのタイプに別れることはご存知でしょうか?
1つは水に溶ける水溶性食物繊維、2つ目は水にとけない不溶性食物繊維です。

便秘にも大きくわけて、

1.痙攣性・・・腸がけいれんしているために便秘と下痢を繰り返す
2.直腸性・・・直腸の反応が鈍い
3.弛緩性・・・腸の働きが鈍い

の3つに別れます。この中で不溶性食物繊維が効果的なのは、
直腸性と弛緩性といわれています。

痙攣性の場合は、不溶性食物繊維をとってしまうと腸を刺激しすぎてしまい、逆効果・・・というわけです。

逆に、直腸性の場合はまず便の量を増やすことが大切です。その場合の注意点ですが、まずはたまった便を出してしまうことです。便がたまった状態で食物繊維を摂取してしまうと、便が逆につまってしまうことがあります

弛緩性の場合も同じです。直腸性、弛緩性のどちらも他に水分もしっかりととりましょう。繊維ばかり食べて水分が不足すると逆に便がかたくなりますので注意して下さい。

便秘が悪化することも

便通が悪くなってくると食物繊維をとるようにアドバイスされることがあります。食物繊維は便をかさを増してくれたり、水分を吸収して便をやわらかくする効果がありますから、そのアドバイスは間違ってはいません。

しかしながら、長年の便秘で腸の働きが鈍っているような方、腸の動きが衰えているような方の場合は、不溶性食物繊維を摂取してしまうと、逆に便秘が悪化してしまうことがありますので、注意が必要です。

そんな時は水溶性食物繊維を摂取するようにしたり、腸内の善玉菌を増やしてくれる食品。例えばヨーグルトや牛乳、オリゴ糖などを摂取するようにするといいでしょう

食物繊維といっても、大切なのは不溶性と水溶性をバランスよく摂取することです。便秘だからと言って不溶性食物繊維を豊富に含むおからばかり食べて余計便が硬くなった・・・という人もいますので注意して下さい。

水溶性食物繊維は果物や海草などに多く含まれています。