ホーム > 便秘の原因 >

便秘の原因と水分不足

水分不足の人は案外多いのではないでしょうか?

人間の大部分は水分で出来ています。さらに私達は生活している間に多くの水分を排出しているわけです。

尿として排出している以外にも、汗として排出したり、皮膚から蒸発したり、便としても排出されます。

そう考えると人間は1日に1リットルから2リットルの水分を摂取する必要があります。
体の大きな人は多め、小さい人でも1リットル以上は必要でしょう。

便に含まれる水分は80%前後になりますが、水分が不足してしまうと便がかたくなります。かたくなった便は便秘の原因になりますし、痔の原因にもなります。特に切れ痔などはかたい便が原因で起こりやすくなります。

ですから、便秘の人はまず毎日たっぷりと水分を摂取しましょう。中には毎日1リットルのペットボトルに水を入れて自分の机の上に置いて、それを飲む習慣にしたら便秘が治った・・・という人もいます。

また、医師の中にも便秘を解消するにはやかん一杯分の水を毎日飲みましょうと言う人もいます。

水分といっても、カフェインを含むもので摂取すると尿として出てしまいますから、ノンカフェインのもの、例えばミネラルウォーターや麦茶などがおすすめです。

腸に入る水分量ってどの位?

一般的に考えて、私達が1日に飲む水の量はおよそ2リットル程度になります。水として飲むものもそうですし、スープなど食事からとる水分もあわせるとその程度になると思います。

これに加えて体から分泌される水分もあります。

まず唾液が1.5リットル、胃液が2リットル、胆汁が0.5リットル、膵液が1.5リットル、それから腸液が1.5リットル分泌されるといわれています。

これらをあわせると合計で1日に10リットル前後になります

この10リットルが全て腸に行くなら、便秘にもならないでしょうが、逆にひどい下痢をしてしまうでしょう。しかし、体には水分を再吸収する仕組みがあります。水分は小腸や大腸で再吸収されてしまいますし、それに尿や汗として排出される水分もあります。

ですから、最終的に便として使われる水分は1日に100ml程度になると言われています。たったの100mlです。この量が少なくなると、便は硬くなってしまい便秘になります

天候の変化などで水分摂取量などが減ってしまうと、便はあっとう間に硬くなるわけですね。
それだけ水分摂取が大切・・・ということですね。

便がカチカチになる理由

ストレスが多かったり、環境の変化、例えば旅行に行ったりするだけでうんちがカチカチになってしまうことがあります。

もともと便秘の方であれば、さらに便がかたくなり、痔になったり、下剤に頼らなければ出ない・・・・ということも。

そういった硬い便を予防するにはやはり水分を意識して摂らなければなりません。
旅行に行ったりすると、水分不足になったりすることも多いです。
トイレに行きたくないからと、飲み物を避けていると便はやはりカチカチになります。

また、空気が乾燥しているような日も注意が必要です。
やはり便が硬くなりやすいからです。

そんな便をやわらかくするにはやはり意識して水を飲むことです。