ホーム > 便秘の原因 >

腸内細菌と便秘について

腸内には無数の細菌が住みついています。

その数はなんと100兆個以上。

種類も100種類以上がいるといわれています。
さらに、それらの腸内細菌は大きく3つに別けることができます。

1.善玉菌
2.日和見菌
3.悪玉菌

善玉菌はビフィズス菌などが有名ですし、悪玉菌ではウェルシュ菌などがよく知られています。
日和見菌の代表格は大腸菌などです。

悪玉菌は名前の通り、悪さをする菌のこと。悪玉菌が優勢になってくると、腸の動きが鈍くなりますが、善玉菌が逆に優勢になると腸は活発に動いてくれるようになるのです。

日和見菌は・・・というと、悪玉菌が優勢になると悪さをする・・・という菌のことです。

便秘の方は悪玉菌が優勢であることが多く、逆に快便の方は
善玉菌が 優勢になっていることが多いようです。

もっとも、私達は生まれたばかりは善玉菌ばかりでした。ところが、
成人になると、食生活の乱れなどから悪玉菌が増えてしまうのです。

さらに、老年期に入ると善玉菌が減りますので、
それなりの対策をしてあげることが大切なのです。

善玉菌はどうやったら増えるのか

これは悪玉菌を減らすには善玉菌を増やす・・・という記事でもご紹介しましたから、少しおさらいになります。

まず悪玉菌が増える理由はあなた自身の日常生活の中にあります。

1.食事
2.運動
3.生活のリズム
4.精神面の安定感

・・・といった4つが主なものです。

食事は食物繊維を豊富に含んだ食材、穀類、いも類、豆類、きのこ類、海草類などを中心にしていれば、善玉菌が増えやすくなります。主食のごはんは抜かないようにしてください

それから生活のリズムも大切。生活のリズムが崩れると、腸を動かしている自律神経が乱れてしまうからです。朝、昼、晩と規則正しくしただけで便秘が治ったという人もいます。

精神面も生活のリズムと同様、自律神経に大きく関係してきます。
私のおすすめは一人でリラックスできる時間を1日に30分は持つことです。できればその時間を朝食後に持ってきましょう。

効果はやってみるとわかると思います。