ホーム > 便秘の原因 >

妊娠中の便秘とその理由

妊娠してから便秘になった・・・という方が多くいます。

それには実はちょっとした理由が隠されています。まず一番の原因は女性ホルモンです。妊娠すると女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が盛んになります。

黄体ホルモンは生理前にも分泌されるホルモンで腸の動きを抑制する働きがあるのです。

ですから、生理前は便秘になりやすくなりますし、同じく
黄体ホルモンが分泌される妊娠中は便秘になりやすいというわけです。

また、妊娠中は運動量が減ることに加えて、子宮が腸を
圧迫することも便秘の原因であると考えられています。

・・・という風に色々な障害がありますが、ポイントは腸の
動きを活発にしてあげるような工夫をすることです。

それには、まず朝食をしっかりと食べること。一人で過ごす時間を作ってリラックスすること、水分を十分に補給することなど当サイト内で紹介している便秘解消方法を1つ1つこなしてゆくことだと思います。

勿論、人によってポイントは違ってきますのでどの方法が自分にあっているかを探してみるといいと思います。また、便秘を治すためには何か1つだけやってもだめです。全てはバランスですから。

生まれてくる子供が危ない?

生まれてきた子供がアトピー性皮膚炎だった・・・ということで悩んでいらっしゃる方も沢山います。

もしその原因が母親が妊娠している時に便秘だったから・・・だったとしたら。

実は女性が便秘などで腸内環境が悪玉菌優勢になっていると、生まれてきた赤ちゃんは悪玉菌のダメージを受けてしまい、アトピー性皮膚炎になってしまうことがある・・・という報告もされています。

これについては更なる調査が必要でしょうが、いずれにしても、悪玉菌が優勢になっている状態は何とかしたいものですね。特に妊娠中は。

便秘薬を使うときは気をつけて

便秘薬といっても色々な種類がありますが、大黄などが入った刺激の強い下剤などは流産であったり早産の原因にもなりますので避けなければなりません。

いずれにしても自己判断で薬を購入したりせずに、医師に相談するようにするといいでしょう。

ちなみに薬以外で、妊娠中の便秘解消方法として人気なのが、食事面では

1.ヨーグルトを食べる
2.牛乳を飲むようにする
3.プルーンを食べる

生活習慣面では:

1.朝起きぬけに冷たい水を飲んで腸を刺激する
2.ウォーキングをする
3.トイレの時間を決めて習慣にするようにする

といったことのようです。(参考:プレママタウン 便秘)