ホーム > 便秘の原因 >

病気が便秘の原因になっていることもある

当サイトでは常習性の便秘について主に書いていますが、他にも病気が原因で便秘になっている場合もあります。その場合は自己判断などはせず、医師に相談するようにしてください。

長く続く便秘などは医師に診てもらうべきです。

病気の中にはうつ病や心身症などから、大腸がん、直腸がん、子宮筋腫、腸炎・・・などなど様々なものがあります。大腸内視鏡検査を受けたらポリープが見つかった・・・という例もあります。

また、中には大腸以外の消火器の異常によって便秘になるようなこともあるようです。

いずれにしても自己判断は危険です。必ず医師に診てもらうようにしてください。

当サイトをご覧になる際の注意点として別ページでもご紹介していますが、上記のように病気が原因となっている便秘もあります。その場合は、生活習慣を見直したりすることでは治らない場合があります。

長く続く便秘の場合は、一度医師に相談くださいますようお願い致します。決して、自己判断はしないようお願いします。