ホーム > 便秘の原因 >

冷えからくる便秘について

女性に多いのが冷え性ですが、これが便通異常にも関係しているようです。

もともと腸は温かい環境が好きです。寒い冬よりは夏の方が快腸だったりするのはそのためかも知れませんね。

さて、冷えからくる便秘を治すには、まず温かい格好をすることが大切です。
それから、注意したいのは、体を締め付ける下着などです。
これは後ほど紹介しますが、ガードルであったり、ボディスーツなどが
体を締め付けているケースもあるようです。

体を締め付ける下着や服などを着ていると、温かい感覚になることもあるかも知れませんが、血行が悪くなり、結局は冷えを招いているケースも多いようです。

ですから、血行を良くするためにはきつい服を着ない・・・ということですね。

それから、夏であっても冷えには注意が必要です。
冷房のために血行が悪くなってしまうケースがあるからです。

そんな場合にはひざ掛けなどを利用して対策をするといいと思います。

補正下着で便秘になる?

さて、冒頭でも書きましたが、身につけるものが便秘の原因になっているようなこともあります。

特に体を締め付けるようなタイプの下着、補正下着などが引き金になってしまうこともあるようです。

補正下着などで体を強く締め付けてしまうと血行が悪くなってしまうことがありますが、それが体の冷えを招きます。

そして、冷えは便通異常の原因となります。

さらに、女性に多いのが運動不足です。運動を全くしないでいると筋力はどんどん落ちてゆきます。腹筋の力が弱ってくると、排便の際に十分な腹圧がかからなくなることもあるのです。

さらに、筋力が極端に落ちてしまうと胃や腸が下垂してしまうことがありますが、これも腸の働きを弱める原因の1つとなります。

ですから、日頃から運動していない方は簡単な運動で結構ですから、始めてみること。おすすめはウォーキング+腹筋運動です。

そして、体を締め付けるような下着はやめてみることもいいと思います。冷えに悩んでいる方は特にその必要があるでしょう。

合わない下着は何故駄目なの?

女性の中には自分に合わないような下着を着けている人もいるようです。それはおしゃれをしたからとか、細く見せたいとか・・・色々な理由があるでしょう。

しかし、それが原因で便通異常になっているケースもどうもあるようです。

繰り返すようですが、きつい下着は体を締め付けます。
ブラジャーやガードルなどがきつすぎると、血管であったり、内臓を圧迫するようです。

そして、圧迫された内臓であったり、血管は自律神経の働きを乱す・・・という考え方をする専門家もいます。

この自律神経の働きというのは実は快便にはとても大切な役割を果たしているのをご存知でしょうか?

自律神経には2つの神経があります。交感神経と副交感神経です。
緊張すると前者が優位になり、リラックスすると後者が優位に立ちます。

リラックスした時、つまり副交感神経が優位に立っている時というのは腸もよく動きます。

きつい下着を着ている・・・ということは体が緊張した状態になっているのと同じだと考えると便秘になるという説もうなずけます。

リラックスした部屋着でいる時の方が腸は動いているわけですね。外出先で部屋着を着るわけにはいきませんが、せめて自分に合う下着を選びたいものですね。