ホーム > 基礎知識 >

理想的な便の量、かたさと臭いとは

便秘の話をするのに、説明しなければならないことの1つがうんちについてです。

その量はどの位になるのが一般的なのでしょうか?
また、どんなものを食べると便は増えるのでしょうか?

大人の場合、1日の便の量は150グラムから200グラム程度と言われています。
これはバナナ1本から2本分程度の量になります。

しかし、お肉が中心の欧米のような食生活を続けていると、1日の便の量は100グラム程度になるようです。これはバナナ1本弱の量になります。

逆に食物繊維が豊富な食事で水分も沢山とっていると、200グラム以上になります。要するに理想的な便を出すには、食べるものを選ばなければならない・・・ということですね。

さて、150グラムの便の成分の8割程度は実は水分なんです。
ほとんど水ということですね。

この水分が70%くらいになると、もう便はかたくなります。
痔の方はこういったかたい便が多いのではないでしょうか?

逆に水分量が90%にもなると下痢便です。
わずか20%の違いですが、便秘と下痢では大きな違いですね。

水以外の成分の1つは食物繊維です。食べ物のカスとして扱われてきましたが、その効果が注目されるようになりました。

便には他にも腸内細菌や剥がれ落ちた腸壁の一部なども含まれています。

やわらかさについて

理想的なうんちにはどんな特徴があるのでしょうか?

かたさについていえば、水分量が80%程度が理想です。
8割が水になると当然ですが、うんちもやわらかくなります。

そのやわらかさはチューブの歯磨き粉や味噌のような感じになります。
水分が少なくなると、それよりも硬くなり、便通が悪くなりやすくなります。

臭いですが、うんちですから、臭いがない・・・というわけではありません。
でも、自分の便の臭いでウッと鼻をつまんでしまうような臭さではありません。

あくまでも、自然臭というか、許容範囲の臭いになると思います。

このような理想的な便を出すには食事や生活のリズムだったり、精神状態も良好な状態である必要があります。

おならの臭いと食べ物の関係とは

便秘をしているとおならがくさくなるのは気づいた方もいると思います。
確かに、腸内に便を長くためこんでいると、便も臭くなります。

おならは1日に0.1リットルから3リットル程度は出ます。
幅がありますが、これも人によって違ってきます。

食べ物を食べる時に私達は空気も一緒に飲み込んでしまいます。
これがガスになる・・・というわけです。
ただ、ゲップとして出せば、ガスの量も減ります。

空気を飲み込む量が多い人はやはりおならの量も増えるようになります。

それから、食べるものによってもガスの臭いは変わってきます。
お肉ばかり食べていると、おならは臭くなります。

しかし、食物繊維を多く含んだ食事をいつも食べている方はおならがあまり臭くなかったりします。勿論、便秘をしていないことが前提ですが。

おならというのは、便が腸内で動いている証拠ですから、悪いことではありません。
おならが出たら、ああ腸が動いているな・・・と思っているといいと思います。

腸を動かすことは便秘を解消するためには必要なことです。当サイトではどうやったら、腸に仕事をさせることができるのかについてもどんどん紹介してゆきたいと思っています。